そもそも扁桃腺炎とは一体どういった病気なのでしょうか?

扁桃腺とは?

風邪を引いた時に病院を受診しますが、その際に「扁桃腺が腫れているね」なんて言い方をされることが多々あります。そういわれると、ますます風邪っぽさが増して病人のイメージがわいてきますが、そもそも扁桃腺とはどこにあるもので、その役割は一体どんなものなのでしょうか?医師から「腫れていますよ」と言われても、その意味をきちんと捉えている人は少ないのではないでしょうか?

 

扁桃腺とは、二次リンパ組織の一種です。リンパには、リンパ管を流れるリンパ液と、細胞間を行き来する間質リンパ液の2種類あり、両者は成分が同じではあるものの、その濃度は異なるものとなっています。

 

その役割は老廃物の回収と排泄、ウイルスや細菌といった異物の排除、抗体の作成です。主な成分は血漿と呼ばれる血液細胞で、黄色に近い色をしたアルカリ性の液体です。組織としては一次と二次と分かれており、異なる働きを持っています。一次リンパ組織ではリンパ球が作られており、リンパ管液と間質リンパ液とに分類する組織で、胸腺や骨髄がこれに当たります。二次組織では、一次で作ったリンパ液を適切な場所に受け渡していきます。俗にいうリンパ節というのは二次リンパ組織をいい、扁桃腺もこれに分類されます。

 

では、扁桃腺はどこにあるものなのでしょうか?それは、口を大きく開けた時に見える喉ちんこ(口蓋垂:こうがいすい)の奥、ぷくっとふくれたアーモンドのような形がそれです。扁桃腺の「扁桃」は、アーモンドの種という意味から付けられており、まさに見た目から付けられた名称であることがわかります。


扁桃腺の働き

扁桃腺はなくても大丈夫な臓器といわれていますが、まったくの役立たずでもありません。ちゃんと、それなりの役割を持つ臓器となっています。

 

扁桃腺は口腔のすぐ後ろにあり、口を大きく開くことで目で確認することが可能。ここにはリンパ液が蓄えられているので、外部からウイルスが侵入するのを防ぐ免疫の働きを備えています。風邪やインフルエンザに感染すると、まず扁桃腺が腫れますが、これはここでウイルスの侵入を予防しようとして免疫力が働いているから。つまりは、防御反応です。ウイルスの侵入経路は口や鼻からで、そこから気道粘膜にとりつきます。扁桃腺は、それらの侵入を阻止するための最初の防衛ラインとなるのです。

 

扁桃腺炎は、そうしたウイルスなどの侵入によるもの。症状としては喉の痛みです。風邪ウイルスやインフルエンザウイルス以外にも、各種ウイルス、ハウスダスト、PM2.5や花粉などの環境ホルモン、粘膜上皮がんなどによっても引き起こされます。つまり扁桃腺炎は、ウィルス性呼吸器疾患以外でも引き起こされるもの。ガンやアレルギー、慢性扁桃炎が引き金になることもあるのです。このうち、手術が必要になるのは慢性扁桃腺炎とがんなのです。大人の慢性扁桃腺炎の場合では、喫煙や飲酒、慢性関節リウマチ、IgA腎症、慢性関節疾患といった症状についてでることがありますので注意が必要です。


扁桃腺炎とは?記事一覧

慢性扁桃腺炎には3つ...

扁桃腺手術は扁桃切除...

扁桃腺における手術は...

扁桃腺手術は全身麻酔...